Home

牧師のショートメッセージ

「罪を贖われ、いのちと平安の中での礼拝」

田村誠喜 牧師    2024年2月


この方は、銀を精錬する者、きよめる者として座に着き、レビ  の子らをきよめて、金や銀にするように、彼らを純粋にする。  彼らは主にとって、義によるささげ物を献げる者となる。                            旧約聖書 マラキ書 3:3

 新年も、あっという間に一ヶ月が過ぎました。如何お過ごしでしょうか。神とともに新しい出発をされた方の報告や、天の御国に凱旋された伝道者のお知らせを伺いました。当教会の年度は1月から12月で、2月25日(日)の決算総会に向け、2023年の主の恵みのみわざの報告として総会資料を作成しています。決算総会において、主の恵みとあわれみを感謝し、御名をあがめて礼拝できますように祈っています。

1、旧約聖書の最後の預言者マラキが、人々に神からのみことばを語った時代背景。
 マラキ時代の人々は、バビロン捕囚から解放され、帰還したエルサレムで神殿を再建し、城壁を修復し、外敵からも守られ、安心した生活と礼拝を行いました。しかし、主なる神へのささげ物の礼拝を導く祭司たちは、みことばを聞くことの飢饉をもたらし、変わることのない神の愛を知ろうとせず、そのための不安と闇を、世の富や権威に頼ることで解消していました。この歴史は1945年に終戦を迎えた日本の戦後、79年間のキリスト教会の歩みを重ねて考えさせられる時となっています。
マラキ2:17、あなたがたは、自分のことばで主を疲れさせた。あなたがたは言う。「どのようにして、私たちが疲れさせたのか。」それは、あなたがたが「悪を行う者もみな主の目にかなっている。主は彼らを喜ばれる。いったい、さばきの神はどこにいるのか」と言うことによってだ。

2、神が、預言者マラキを通して語られた「契約の使者が、突然、その神殿に来る」との預言。
 神は、全世界の民に神の栄光と愛を証しして、民を礼拝に招く祭司の王国として、イスラエルの民を選び出しました。しかし、神の民イスラエルは、特に礼拝を導く祭司たちは、いのちと平安と恐れの契約を損なっていました。預言者マラキは、祭司たちの不信仰と偶像礼拝の罪をまっすぐに語り、悔い改めを迫りました。そして、3章では将来、道を備えるバプテスマのヨハネを遣わすとともに、「契約の使者である救い主が来られる」と預言しました。これは新しい契約の確認でした。
マラキ3:1見よ、わたしはわたしの使いを遣わす。彼は、わたしの前に道を整える。あなたがたが尋ね求めている主が、突然、その神殿に来る。あなたがたが望んでいる契約の使者が、見よ、彼が来る。― 万軍の主は言われる。
エレミヤ31:33、これらの後の日に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこうである ― 主のことば ― 。わたしは、わたしの律法を彼らのただ中に置き、彼らの心にこれを書き記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。

3、契約の使者は、精錬する者として、選びの民をきよめ純粋にし、義によるささげ物を献げる者とします。
 鉄を精錬するとき、1600度以上にして溶かし、上に浮いた不純物を除き、下に沈んだ鉄を取り出します。現代の鉄の溶鉱炉は2000度以上にして精錬しています。鉄を真っ赤にして鍛錬する時は、約800度にします。信仰者として、精錬され、鍛錬された人々の礼拝は義によるささげ物の礼拝となり、罪を贖われ、主への感謝と賛美と喜びと献身の礼拝となります。
Ⅰペテロ1:7、試練で試されたあなたがたの信仰は、火で精錬されてもなお朽ちていく金よりも高価であり、イエス・キリストが現れるとき、称賛と栄光と誉れをもたらします。
マラキ3:4、ユダとエルサレムのささげ物は、昔の日々のように、ずっと以前の年々のように 主を喜ばせる。
詩篇51:16~19、まことに 私が供えても あなたはいけにえを喜ばれず 全焼のささげ物を望まれません。神へのいけにえは 砕かれた霊。打たれ 砕かれた心。神よ あなたはそれを蔑まれません。・・・ そのとき あなたは 義のいけにえを 焼き尽くされる全焼のささげ物を喜ばれます。そのとき 雄牛があなたの祭壇に献げられます。
ローマ12:1、ですから、兄弟たち、私は神のあわれみによって、あなたがたに勧めます。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。

前へ