Home

牧師のショートメッセージ

「ですから、目を覚ましていなさい」

田村誠喜 牧師    2021年10月


「ですから、目を覚ましていなさい。あなたがたの主が来られるのがいつの日なのか、あなたがたは知らないのですから。」 マタイの福音書 24:42

   科学技術と人間の自己中心がもたらしたプラスチックのごみが、地球のいのちを危機にさらしています。このため生活のあり方が問われ、個人も企業も国家も取り組みを求められています。いのちと環境の根本を握っている神は、私たちに「神の御子による最終のさばきが近づいていることを知らせる天体の異常」を語り「ですから、目を覚ましていなさい」と警告をします。

1、神の御子の到来は、ノアの大洪水によるさばきと同様、思いがけない時に実現するから。
「目を覚ましていなさい」とは、「睡眠をとってはいけない」と言っているわけではない。神が、聖書を通し、預言者たちを通し、何を語っておられるかを思い起こし、悔い改めて歩むことです。
マタイ24:38~39、洪水前の日々にはノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていました。洪水が来て、すべての人をさらってしまうまで、彼らには分かりませんでした。
マルコ1:15、時が満ち、神の国が近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。
ヨハネ5:28~29、墓の中にいる者がみな、子の声を聞く時が来るのです。そのとき、善を行った者はよみがえっていのちを受けるために、悪を行った者はよみがえってさばきを受けるために出て来ます。

2、目を覚ましていなさいとは、神の恵みと、そのみことばを思い起こして味わう歩み。
使徒20:31、ですから、私が三年の間、夜も昼も、涙とともにあなたがた一人ひとりを訓戒し続けてきたことを思い起こして、目を覚ましていなさい。
黙示録3:3、だから、どのように受け、聞いたのか思い起こし、それを守り、悔い改めなさい。目を覚まさないなら、わたしは盗人のように来る。わたしがいつあなたのところに来るか、あなたには決して分からない。

3、神が、御子イエスを信じる者に与えて下さった祝福を感謝して、祈り、用いる歩み。
Ⅰテサロニケ5:6~8、ですから、ほかの者たちのように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。・・私たちは昼の者なので、信仰と愛の胸当てを着け、救いの望みというかぶとをかぶり、身を慎んでいましょう。
Ⅰコリント16:13、目を覚ましていなさい。堅く信仰に立ちなさい。雄々しく、強くありなさい。
コロサイ4:2、たゆみなく祈りなさい。感謝をもって祈りつつ、目を覚ましていなさい。

4、永遠のいのちを与える主に、人々が信頼しないように働いている悪魔を警戒する歩み。
ルカ8:12、道端に落ちたものとは、みことばを聞いても信じて救われないように、後で悪魔が来て、その心からみことばを取り去ってしまう、そのような人たちのことです。
Ⅰペテロ5:8、身を慎み、目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、吼えたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。

前へ