Home

牧師のショートメッセージ

「主のみことばを聞きなさい」

田村誠喜 牧師    2022年1月


「長老たちよ、これを聞け。この地に住む者もみな、耳を傾けよ。」 旧約聖書ヨエル 1:2

   コロナ禍が続く2022年をどのようにお迎えでしょうか。教会は、自分たちの不信仰とこの時代の高慢を悔い改めながらとりなしの祈りを続けています。この中で、教会の祈り会と礼拝で旧約聖書のヨエル書から、主なる神が大切にした基本「主のことばを聞きなさい」を学び始めました。

1、長老たちよ、これを聞け。この地に住む者もみな、耳を傾けよ。
 主なる神が、最も大切にしたのは「主のことばを聞きなさい」でした。何故なら、私たち人間は、神の「いのちの息を吹き込まれて生きるものとなった」存在ですから、神のことばが必要です。
創世記2:7、神である主は、その大地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。それで人は生きるものとなった。
イザヤ55:3、耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。
エゼキエ37:4~5、これらの骨に預言せよ。「干からびた骨よ、主のことばを聞け。神である主はこれらの骨にこう言う。見よ。わたしがおまえたちに息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。」

2、神は、みことばを聞かず、神からの賜物を自分の物だと高慢になった人々に何をされたか。
ヨエル1:4~7、噛みいなごが残した物は、いなごが食い、いなごが残した物は、バッタが食い、バッタが残した物は、その若虫が食った。・・それはわたしのぶどうの木を荒れすたらせ、わたしのいちじくの木を木っ端にした。これを丸裸に引きむき、投げ倒し、その枝々を真っ白にした。
申命記28:15、38、もしあなたの神、主の御声に聞き従わず、私が今日あなたに命じる、主のすべての命令と掟を守り行わないなら、次のすべてののろいがあなたに臨み、あなたをとらえる。畑に多くの種を持って出ても、あなたは少ししか収穫できない。いなごが食い尽くすからである。
士師記6:1~5、イスラエルの子らは、主の目に悪であることを行った。そこで、主は七年の間、彼らをミディアン人の手に渡された。・・イスラエルが種を蒔くと、いつもミディアン人・・東方の人々が上って来て・・いのちをつなぐ糧も、羊も牛もろばもイスラエルに残さなかった。実に彼らは・・いなごの大群のように押しかけて来た。

3、衣ではなく、あなたがたの心を引き裂け。涙と嘆きをもって、主なる神に立ち返れ。
 旧約聖書時代も新約聖書時代も、主に立ち返って、神のみことばに耳を傾け聞くことを、基本中の基本としています。しかし、教会では時として、この世の地位や名声や人柄に流され、みことばを知らず、みことばに聞かず学ばない者が役員や執事をすることがあり悔い改めが必要です。
Ⅰサムエル3:9、・・主よ、お話しください。しもべは聞いております。
Ⅰ列王8:37~40、・・飢饉が起こり、疫病や・・いなごやその若虫が発生したとき・・心の痛みを知って・・両手を伸べ広げて祈るなら・・天で聞いて、赦し・・一人ひとりに、報いてください。
使徒6:2~4、・・私たちが神のことばを後回しにして、食卓のことに仕えるのは良くありません。 ・・あなたがたの中から、御霊と知恵に満ちた、評判の良い人たちを七人選びなさい。その人たちにこの務めを任せることにして、私たちは祈りと、みことばの奉仕に専念します。
使徒10:33、・・主があなたにお命じになったすべてのことを伺おうとして、神の御前に出ております。

前へ