Home

牧師メッセージ、教会員の証

教会員の証


神様が母にくださった恵み

 母は、結婚後、特に戦争中に夫を亡くし、3人の幼い息子をかかえ、多くの苦労をしてきたと思います。子供の時から「武士の娘だから」と育てられ、感情を出さずに過ごしてきたことも多かったようです。しかし、母は、誰にでも親切で、親しみやすい性格だったと思います。私は結婚して、嫁と姑の関係になりましたが、嫌なことをされたり、言われたことは一度もなく、いつも「ありがとう」と言ってくれる母でした。

 母から聞いたキリスト教とのかかわりをお話させていただきます。 小学校6年生の時、近所の教会での聖誕劇(クリスマスの劇)に参加して、とても楽しかったそうです。また、美容院を開いていた時に、お客様で宣教師の家族と親しくさせてもらったことがあり、母も英語を習ったりして、喜んでいました。 さらに、いつのことかはっきりしないのですが、近所に宣教師の教会があり、そこへ青山学院の学生さん達が来て、一緒に手伝ったりしたということです。

 私たちが我孫子に引っ越してきてからは、一緒に元旦礼拝に出席したりしていました。そして、5年前の2月、目黒区から私たちの住まいの近くの介護施設 に住むようになりました。月に1回行われる家庭集会に、私と一緒に出席していました。母は、家庭集会に誘うととても喜んでいました。讃美歌を歌い、聖書箇所を大きな声で読み、田村先生、美智代夫人のお話を聞いていました。最後に出席したのは昨年の5月でした。

 先週のことですが、7月17日の午後に、夫は都合が悪く一緒ではなかったのですが、田村先生と、母に会いに行きました。会って話をしたのは、20分間くらいです。その時はその後、9時間後に母が息を引き取るとは思っていませんでした。 田村先生は、天の御国がどんなに素晴らしい所かを話され、そこへ入るには、どうしたらいいかも優しく話してくださいました。 田村先生は、イエス様が十字架にかかってくださったので、罪からきよめられ、永遠のいのちを与えてくださり、天の御国に入れてくださることをお話くださいました。母は、これまでにないほどの笑顔になり、「そうですか、そうですか」とうなずき、大喜びで、笑い声も出て、とっても嬉しそうな顔になりました。 田村先生から、「イエス様を救い主として信じますか。」と聞かれると、「はい、信じます。」と大きな声で返事をしました。田村先生が、母のためにお祈りされると一緒に「アーメン」と言い、にこにこして、とっても安心した顔をしていました。私はその時、神様が母を天の御国に入れてくださることを強く確信しました。母は信仰を告白し、救いと永遠のいのちの恵みをいただいたと思いました。

 そのあと、最初にお話した「小学校6年生の時、近所の教会での聖誕劇に参加して、とても楽しかった。」ことを思い出して話してくれたのです。

 このことは、以前から、何回も、母から聞いていましたが、ここ2年位、母はすっかり忘れていたことでした。でも、イエス様のことを聞いて、思い出したのでした。田村先生も私もとても感動し、神様に感謝しました。

最後に聖書のみことばを読ませていただきます。
“わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。”  ヨハネの福音書 14章6節

 後日のこと
 葬儀に出席してくださった友人のT姉(浦和福音自由教会)も、若い時に宣教師から福音を聞いておられたお母様が召される前に信仰告白し、天に召された経験があります。葬儀での証を聞いて、同じ教会員でドイツ、シュツットガルトに住むS姉へお知らせしたそうです。 (S姉もお母様が幼少期に宣教師から福音を聞き・・・という経験をされているそうで、お母様は現在、沖縄の教会へ出席されているそうです。) T姉は、昨年の秋、そのS姉宅に滞在し、デーガロッホ日本語集会に参加しました。そこで、リーベンゼラミッションの宣教師とのお交わりがありました。クリヒバウム師ご夫妻とウルマ師です。 S姉から宣教師の励ましになるので、T姉に証を送って欲しいと連絡があったそうです。そういう訳で、証は添付メールで、私からT姉へ、T姉からS姉へ、S姉から7月23日の夜には、ウルマ師へと送られていきました。 証は、福音の風に乗って、ドイツまで運ばれていきました。
 またT姉は、教会の祈祷会でも母のことを話されたそうです。次の日からのCSキャンプでのメッセージや子供集会でご奉仕される先生が、とても励まされ考えさせられましたとの感想を述べられたとT姉が教えてくださいました。
 今、母の101歳と4ヶ月の人生を振り返る時、神様の恵みに溢れていることを感じます。母は、葬儀を通して、愛する残された親族へ福音を伝えることができたこと、私も感謝と感動でいっぱいです。

“胎内にいたときから担がれ、生まれる前から運ばれた者よ。あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたが白髪になっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。わたしは運ぶ。背負って救い出す。” イザヤ書46章3、4節

“この恵みのゆえに、あなたがたは信仰によって救われたのです。それはあなたがたから出たことではなく、神の賜物です。” エペソ人への手紙2章8節

“霊に燃え、主に仕えなさい。” ローマ人への手紙12章11節

2019年7月29日記

我孫子福音キリスト教会教会員 Y.Y  2019年7月22日 葬儀式